自動車保険の節約 車両保険は必要?不要?

自動車保険が半額以下に....年間4万3千円節約しました!

車両保険を安くするポイントは?

車両保険を節約して自動車保険の保険料を安くするポイントは?

 

ズバリ!

 

エコノミー+車両保険額の調整

 

で節約が可能!

自動車保険の車両保険とは?

車両保険とは?

 

あなたの車の修理代などを補償する保険です。
大きな事故で修理が出来ない場合は買い替えのための資金として保険金を充てる事が出来ます。
保険契約の種類により、事故だけでなく自損事故、イタズラ、自然災害まで補償されます。
車両保険の仕組み

 

車両保険は他の補償と大きく異なる点があります。

損額額の上限が決まっている

それは損害の最大額が、契約した自動車の時価であるという事です。
対人賠償や対物賠償のように損害額が何千万や億単位になることはありません。

 

補償額に対して保険料が高い

車両保険は補償額に比較して保険料が高額です。
そのため車両保険は自動車保険の保険料を決める大きな要因と言えます。

車両保険の種類

車両保険には補償範囲によりいくつかの種類があります。
範囲を限定することで保険料が安くなります。

 

  一般タイプ エコノミータイプ

(車対車+A)

エコノミー
他車と衝突、追突、接触など(相手特定)
当て逃げ(相手不明) × ×
自損事故 × ×
盗難 ×
イタズラ ×
自然災害 ×
火災 ×
飛び石 ×

 

保険料は補償範囲が広い方が高額になります。
 一般タイプ > エコノミー(車対車 +A)> エコノミー の順となります。

 

等級が低く割引が少ない間はエコノミータイプなどで保険料を節約し、等級が上がってから一般タイプに移行するのも上手な自動車保険の使い方です。

車両保険の免責とは?

「免責金額」とは、事故などを起こして保険を使う時に我々保険契約者が自己負担する金額のことです。保険会社により「自己負担額」と記載されることもあります。

 

一般的には「一回目 ○○万円、二回目以降○○万円」という設定になります。
一回目、二回目というのは保険契約期間(一年間)の間に使った回数を意味します。

 

免責金額を高く設定する方が保険料は安くなります。
保険会社や保険歴により、免責額を0円にすることも可能です。
但し保険料は上がります。

 

関連記事:自動車保険の節約 車両保険の免責とは?

車両保険とリスクについて

車両保険は自分の車を修理するための保険です。

特徴:
保証の上限は自分の車の市場価格
補償される金額に比較して保険料が高額

別に補償してもらわなくてもいいと車両保険に入らない選択をする方も少なくありません。
車両保険に入らないということは「自動車保険を節約」する上で大きなポイントです。

 

しかし車両保険に入らない事で負うリスクもあることも知っておいてください。

 

車の価値は年々下がるが修理代は年々上がる

自動車の価値は年々下がっていきます。
しかし何かあった時の修理代は物価の上昇に合わせて上がって行きます。

 

車両保険に入っていれば車両保険金額を上限に修理代の実費が自動車保険から支払われます。

 

事故はもらう事もある

 

あなたがどんなに運転が上手でも、どんなに安全運転していても、相手の不注意や乱暴な運転で交通事故に巻き込まれる事もあるでしょう。
巻き込まれた事故でもあなたに過失責任が問われるケースが少なくありません。
実際には下記のケース以外は過失責任が問われると考えておく方が良いでしょう。

 

過失責任が問われない代表的な事故

  • 追突された事故
  • センターラインを超えてきた車と接触
  • 相手車両の信号無視

 

過失責任がつけば、相手への賠償責任も発生しますし、あなたの車の修理代の自己負担分も発生します。
そうなった時、車両保険は大きな助けになります。

 

相手への補償を使う時点で、等級は下がりますので車両保険を使っても条件は同じです。

 

相手が無保険の場合

 

自動車保険の対人保険、対物保険への加入率は約71%です。(損保協会の調べ)
確率的には3割近い車が自動車保険未加入だという事です。

 

30%が任意保険に未加入

 

相手が自動車保険未加入の場合、保険から受けられる補償は自賠責保険のみです。
自賠責保険は対人賠償のみのため、車の修理代は相手に請求する事になります。

 

相手に支払能力がない場合は裁判などで財産の差し押さえなどを行うわけですが、確実に賠償が受けられるとは限りません。
現実には泣き寝入りになるケースも少なくありません。

 

車両保険に入っておけば、車両保険から修理代の補償を受ける事が出来ます。
無過失事故に関する特約が付帯されていれば、等級が下がる事も防げます。


車両保険はエコノミーでも加入しておくべき

 

車両保険を外せば、自動車保険料は大きく下がります。
しかし万が一の時の修理代の補償を考えるとエコノミー型でも良いので車両保険に加入しておくことをオススメしています。
特にローンで購入している方修理代を別途用意するというのは厳しいという方は要検討ですよ!

 

車両保険に入らなくても困らないケースとは

  • ローンを払い終わった、または利用していない。
  • 修理代が出せる程度の蓄えがある。
  • 万が一全損になっても車を買い替える余裕がある。

車両保険金額を調整して「車両保険を節約」

車両保険の保険料は車両保険金額で決まります。

 

言い換えれば、車両保険金額はとても大切なのですが、多人は代理店のおススメやオンライン見積に表示された車両保険金額でそのまま契約してしまいます。

 

車両保険金額は調整することが可能だって知っていましたか?

 

車両保険金額を下げる事で保険料を節約することが可能です。

 

車両保険金額は年式、型式ごとに一定の範囲が決まっています
この範囲内であれば、車両保険金額を調整出来るのです。

車両保険の補償額

 

でも車両保険金額を下げると万が一の時、補償が不足するんじゃないか?
と心配になるかもしれませんね。

 

車両保険金額、正しくは「協定保険価額」と言います。
「保険契約締結時における契約自動車の市場販売価格」とされています。
自動車の市場価格とは契約した自動車と同程度の中古車を購入できる費用という意味です。

 

多くの人は車両保険の補償額設定が高過ぎる

 

つまり、車両保険金額はご自身の車の中古車相場に合わせておけば十分なのです。

 

おススメされる車両保険金額は実際の市場価格より高く設定されています

自動車の中古車相場は型式やグレード以外にも色や走行距離の影響を受けます。
本来は、そういった要素も加味して車両保険金額を決めるべきですが、実際には設定価格の上限で勧められます。

 

同車種、同年式ならば走行距離が1万キロの車も5万キロの車も同じ補償額で勧められます。
一台一台適正な市場価格を参考に決めているわけではないのです。

 

保険会社や代理店からすれば

  • 低く設定して万が一の時に補償額が足りなければクレームになる
  • 高い補償額で保険に加入してもらうと保険料が高くなるので損保会社や代理店は売上アップにつながる

といった理由があるようです。

車両保険金額は自由に設定出来る訳ではありません。
型式やグレード毎に設定出来る範囲が決まっています。
これは車両保険金額の設定を悪用されることを防ぐためです。

 

車両保険金額を高く設定しても支払われる保険金額はその時点の市場価格

車両保険金額を高く設定しても、保険使用時にはその時点の中古車相場で支払われる保険金額は決まられます。
車両保険金額はあくまで補償の上限を定めたものです。全損と判定されても満額が支払われるわけではありません。

 

更新前に自分の車の市場価格を調べておきましょう!

エコノミー+車両保険額の調整

車両保険金額を調整するのは、決して必要な補償を減らす事ではありません。
余計な補償をカットして保険料を節約するという事なのです。

保険会社や代理店に言われるまま契約するのではなく、ご自身の自動車の市場価格を知っておきましょう。更新前に、インターネットの中古車サイトなどで今乗っている車の中古車相場を調べておけば、無駄な保険料を節約出来るのです。

 

車両保険の保証額を決める時におススメの額での契約と実際の市場価格での契約との保険料を比べてみましょう。
特に等級が低い、年齢が若い人ほど、補償額の設定が大きく影響します。

管理人おススメの自動車保険一括見積もりサイト

保険の窓口インズウェブ
保険の窓口インズウェブ

最も多くの保険会社を比べられます!

  • 利用者実績800万人を突破
  • 業界No.1 大手を含む
    最大20社の保険会社を比較
  • スピード見積最短5分!

管理人も保険の窓口インズウェブ4万3千円節約


一括見積もりはこちらから!

保険スクエアbang! 自動車保険
保険スクエアbang! 自動車保険

満期日を知らせてくれるサービスも!

  • 利用者実績310万人を突破
  • 大手含む最大19社を比較!
  • スピード見積最短5分!


一括見積もりはこちらから!

比較.com 自動車保険
比較.com 自動車保険

大手損保8社を比較

  • 大手6社を比較!
  • スピード見積最短5分!

一括見積もりはこちらから!

関連ページ

自動車保険の節約 対人賠償・対物賠償は無制限が基本!
自動車保険の対人賠償と対物賠償は無制限が基本です。その理由と補償額を下げるメリットが無い事をご説明しています。
自動車保険の節約 人身傷害保険を見直す
人身傷害保険の補償額を適正に見直し、自動車保険全体を節約する方法をご紹介しています。
自動車保険の節約 搭乗者補償はケースバイケース!
自動車保険の搭乗者保険について、人身売買補償との違いや補償内容についてご説明しています。人身賠償保険を充実されて搭乗者補償外し保険料を節約する方法もあります。
自動車保険の節約 運転者の限定を見直そう!
自動車保険は運転者を限定することで保険料を節約できます。限定の方法やメリットデメリットをご紹介しています。
自動車保険の節約 ゴールド免許で保険料は安くなる
自動車保険のゴールド免許割引の仕組みと特徴についてご紹介しています。
自動車保険の節約 補償の重複を見直そう
自動車保険にはいろいろな補償やサービスが含まれるため知らず知らずに補償内容が重複していることがあります。重複しやすい項目やチェックポイントをご紹介しています。
自動車保険の節約 3年契約は損か得か?
自動車保険の長期契約は保険料の節約になるのか?メリットとデメリットについて、ゴールド免許割引への対応についての注意点を説明しています。