自動車保険の節約 搭乗者補償はケースバイケース!

自動車保険が半額以下に....年間4万3千円節約しました!

自動車保険の基本補償:搭乗者傷害保険

搭乗者傷害
自動車保険の搭乗者傷害保険は保険料で判断する!

 

現在は人身傷害が主流、保険料次第では搭乗者は外してもOKです。

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは、
車に乗っている人が交通事故で怪我をしたり、死亡したりした場合に受けられる補償です。

 

搭乗者傷害

 

使っても等級が下がらない

他の補償と異なり、搭乗者傷害保険のみを使用しても翌年の等級に影響しません
*人身傷害保険のみを使った場合も翌年の等級に影響しません

 

重複して受け取れる

自賠責保険、相手の任意保険から賠償金が支払われても保険金が受け取れます。
ご自身の人身傷害保険とも重複して受け取れます。

 

定額補償

人身傷害保険は実際の損害額が補償されるのに比べ、搭乗者傷害保険では負傷した部位や症状別に保険金の額が決まっています。

 

⇒人身傷害保険は損害額が確定するまで請求出来ません。
*保険会社により治療費のための一時金を請求することは可能。

 

保険金が支払われないケースもあります

酒気帯び運転、無免許運転、故意の過失、重大な過失など保険金が支払われないケースがあります。

加入するかどうかはケースバイケース

搭乗者補償は人身傷害保険と重複する内容が多くあります。
そのため、実損害額が補償される人身傷害保険が主流になりつつあります。
搭乗者補償に加入しなくても、人身傷害保険でカバー出来るとも言えます。
通販型の自動車保険会社では標準見積もりに入っていない場合さえあります。

 

搭乗者補償は保険料で判断しましょう!

40歳男性が1000万円の搭乗者補償にかかる差額は年間2,000〜3,000円です。
等級が高く割引率の多い方なら、1,000円/年かからない場合もあります。

 

  • 年齢が若く、等級が低いなど、とにかく保険料を抑えたい場合は外しておいても人身傷害でカバーが可能です。
  • 等級が高く保険料の割引が多い場合はごくわずかの出費で手厚い補償が加わります、見当の余地は大いにあります。

管理人おススメの自動車保険一括見積もりサイト

保険の窓口インズウェブ
保険の窓口インズウェブ

最も多くの保険会社を比べられます!

  • 利用者実績800万人を突破
  • 業界No.1 大手を含む
    最大20社の保険会社を比較
  • スピード見積最短5分!

管理人も保険の窓口インズウェブ4万3千円節約


一括見積もりはこちらから!

保険スクエアbang! 自動車保険
保険スクエアbang! 自動車保険

満期日を知らせてくれるサービスも!

  • 利用者実績310万人を突破
  • 大手含む最大19社を比較!
  • スピード見積最短5分!


一括見積もりはこちらから!

比較.com 自動車保険
比較.com 自動車保険

大手損保8社を比較

  • 大手6社を比較!
  • スピード見積最短5分!

一括見積もりはこちらから!

関連ページ

自動車保険の節約 対人賠償・対物賠償は無制限が基本!
自動車保険の対人賠償と対物賠償は無制限が基本です。その理由と補償額を下げるメリットが無い事をご説明しています。
自動車保険の節約 人身傷害保険を見直す
人身傷害保険の補償額を適正に見直し、自動車保険全体を節約する方法をご紹介しています。
自動車保険の節約 車両保険は必要?不要?
車両保険は自動車保険の保険料を決める大きな要素になります。車両保険が必要なケース、不要なケース。車両保険の保険料を節約するテクニックをご紹介しています。
自動車保険の節約 運転者の限定を見直そう!
自動車保険は運転者を限定することで保険料を節約できます。限定の方法やメリットデメリットをご紹介しています。
自動車保険の節約 ゴールド免許で保険料は安くなる
自動車保険のゴールド免許割引の仕組みと特徴についてご紹介しています。
自動車保険の節約 補償の重複を見直そう
自動車保険にはいろいろな補償やサービスが含まれるため知らず知らずに補償内容が重複していることがあります。重複しやすい項目やチェックポイントをご紹介しています。
自動車保険の節約 3年契約は損か得か?
自動車保険の長期契約は保険料の節約になるのか?メリットとデメリットについて、ゴールド免許割引への対応についての注意点を説明しています。