自動車保険の節約 人身傷害保険を見直す

自動車保険が半額以下に....年間4万3千円節約しました!

自動車保険の3大補償

自動車保険には大きく3つの補償があります。

対人賠償保険 対物賠償保険 人身傷害保険

対人賠償保険

相手の人に対する補償

対人賠償保険

相手の物に対しての補償

対人賠償保険

ご自身とご自身の車に乗っていた人に対する補償

 

この中で対人賠償保険、対物賠償保険は無制限が基本です。
詳しくは対人賠償保険と対物賠償保険のページでご紹介します。

 

保険料を節約するため、あなたとあなたの車に乗っていた人を補償する「人身傷害保険」が適切か見直してみましょう。

人身傷害保険とは?

人身傷害保険はあなたとあなたの車に乗っていた人を補償する保険です。
万が一事故で怪我をした場合などには心強い保険です。ぜひ加入しておくことをおススメします。
人身傷害保険の仕組み

あなたの過失に関わらず、損額額をまとめて補償

保険契約額を上限にあなたの損害を補償してくれる保険です。
人身傷害に入っていなければ、あなたの過失分の補償は自己負担となります。

 

補償額はおひとりおひとり

 

人身傷害保険の上限額はお一人につきです。
保険契約額が3000万円の場合、あなたの車にもう一人乗っていれば、各3,000万円、合計6,000万円が補償額となります。

 

示談を待たずに保険金の受取が可能

 

相手の自動車保険から保険金を受け取るには示談交渉の成立が必要です。
人身傷害保険に加入している場合は示談交渉の結果を待たずに保険金が受け取れます

 

  • 相手側が示談交渉に応じない場合
  • 相手が飲酒運転などで相手の保険が適用されない場合
  • 相手が無保険である場合など

 

示談交渉が難航する場合でも人身傷害保険に加入していれば損額額を100%受け取れます。

 

補償されるのは認定された損額額

 

人身傷害保険で補償されるのは、認定された損額額です。
保険加入時に設定した保険金額は補償額の上限です。
保険金額がそのまま補償額になるのではありません。

人身傷害保険額はいくらに設定すべきか?

人身傷害保険の保険金額はは3000万円もしくは5000万円を勧められる事が多いようです。

 

人身傷害保険の保険金額は多ければいいというものではありません。
補償されるのは認定された損害額ですので、保険金額を高額に設定していても満額受け取れるわけではありません。

 

もっとも考えておかなければならないのは不幸にも亡くなってしまった場合です。
損額金額は葬儀費用、遺失利益、慰謝料を合計したものになります。

 

*遺失利益:その方が生きていた場合に得たはずの利益。

 

一家の支柱と呼ばれる収入の中心であった方が無くなった場合、
交通事故の慰謝料は一般的に2500万円から3500万円程度とされています。

 

収入が極端に高額な場合は遺失利益が大きくなりますが一般的には3,000万円あれば十分とも言えます。
また、死亡時の補償は自動車保険だけでなく生命保険とも合わせて考える必要があります。

 

人身傷害保険

人身傷害保険は3,000万円を基本に考えましょう!

生命保険が充実している場合はさらに節約しても良いでしょう!

 

実際にもっとも損額額が高額になるのは、重度の後遺症が生じる場合です。
重度の後遺症が残る怪我をした場合、人身傷害保険の保険金額は設定額の2倍が限度となります。
したがって保険金額は死亡時の補償と考えておけば良いでしょう。

補償の範囲によっても保険料は変わります

人身傷害保険には、契約の自動車に乗っている場合の事故が基本ですが、他人の車に乗車時、歩行中や自転車に乗っている時の自動車事故など補償する事も可能です。

被保険者

契約の車両に乗車されていた方、保険契約者とその家族 保険契約者とその家族 保険契約者とその家族

補償の対象となる事故

契約の車両を運転中 他人の自動車に乗車中 歩行中などの自動車事故

補償する範囲が広ければ保険料が高くなります。

 

他人の車に乗車時、歩行中や自転車での事故をカバーできる生命保険などに加入しておられる場合はこのオプションはカットしておきましょう。

管理人おススメの自動車保険一括見積もりサイト

保険の窓口インズウェブ
保険の窓口インズウェブ

最も多くの保険会社を比べられます!

  • 利用者実績800万人を突破
  • 業界No.1 大手を含む
    最大20社の保険会社を比較
  • スピード見積最短5分!

管理人も保険の窓口インズウェブ4万3千円節約


一括見積もりはこちらから!

保険スクエアbang! 自動車保険
保険スクエアbang! 自動車保険

満期日を知らせてくれるサービスも!

  • 利用者実績310万人を突破
  • 大手含む最大19社を比較!
  • スピード見積最短5分!


一括見積もりはこちらから!

比較.com 自動車保険
比較.com 自動車保険

大手損保8社を比較

  • 大手6社を比較!
  • スピード見積最短5分!

一括見積もりはこちらから!

関連ページ

自動車保険の節約 対人賠償・対物賠償は無制限が基本!
自動車保険の対人賠償と対物賠償は無制限が基本です。その理由と補償額を下げるメリットが無い事をご説明しています。
自動車保険の節約 搭乗者補償はケースバイケース!
自動車保険の搭乗者保険について、人身売買補償との違いや補償内容についてご説明しています。人身賠償保険を充実されて搭乗者補償外し保険料を節約する方法もあります。
自動車保険の節約 車両保険は必要?不要?
車両保険は自動車保険の保険料を決める大きな要素になります。車両保険が必要なケース、不要なケース。車両保険の保険料を節約するテクニックをご紹介しています。
自動車保険の節約 運転者の限定を見直そう!
自動車保険は運転者を限定することで保険料を節約できます。限定の方法やメリットデメリットをご紹介しています。
自動車保険の節約 ゴールド免許で保険料は安くなる
自動車保険のゴールド免許割引の仕組みと特徴についてご紹介しています。
自動車保険の節約 補償の重複を見直そう
自動車保険にはいろいろな補償やサービスが含まれるため知らず知らずに補償内容が重複していることがあります。重複しやすい項目やチェックポイントをご紹介しています。
自動車保険の節約 3年契約は損か得か?
自動車保険の長期契約は保険料の節約になるのか?メリットとデメリットについて、ゴールド免許割引への対応についての注意点を説明しています。